財務ハイライト

損益状況・預金・預り資産・貸出金

損益状況

  • コア業務純益・経常利益・当期純利益

コア業務純益・経常利益・当期純利益

令和2年3月期 決算ベースの損益は、令和2年1月以降の徳島大正銀行の計数と、平成31年4月から令和元年12月までの旧徳島銀行の計数を合算しています。
合算ベースの損益は、令和2年1月以降の徳島大正銀行の計数と、平成31年4月から令和元年12月までの旧徳島銀行及び旧大正銀行の計数を単純合算しています。
令和3年3月期 徳島大正銀行の計数です。

  • 決算ベースでは、合併に伴い貸出金利息が増加したこと等により、銀行の本業の収益を示すコア業務純益は、前期比3,556百万円増加して10,127百万円、経常利益は、前期比3,886百万円増加して8,803百万円、当期純利益は、前期比2,623百万円増加して6,055百万円となりました。
  • 合算ベースでは、コア業務純益は、経費が減少したこと等により、前期比2,440百万円増加して10,127百万円となりました。経常利益は、与信関連費用が減少したこと等により、前期比2,226百万円増加して8,803百万円となり、当期純利益は、前期比1,421百万円増加して6,055百万円となりました。

預金

  • 預金残高と個人預金残高

預金残高と個人預金残高

令和2年3月末及び令和3年3月末は徳島大正銀行の計数、平成31年3月末は旧徳島銀行と旧大正銀行の計数を単純合算しています。

個人預金、法人預金ともに増加したことにより、預金残高は前期末比1,415億円増加して2兆1,087億円となりました。

預り資産

  • 公共債・投資信託・生命保険残高

公共債・投資信託・生命保険残高

令和2年3月末及び令和3年3月末は徳島大正銀行の計数、平成31年3月末は旧徳島銀行と旧大正銀行の計数を単純合算しています。

投資信託の販売が順調に推移したことから、残高合計は前期末比43億円増加して1,172億円となりました。

貸出金

  • 貸出金残高と中小企業等貸出金残高

貸出金残高と中小企業等貸出金残高

令和2年3月末及び令和3年3月末は徳島大正銀行の計数、平成31年3月末は旧徳島銀行と旧大正銀行の計数を単純合算しています。

新型コロナウイルス感染症対応融資をはじめ、中小企業及び個人向け貸出等に積極的に取組んだ結果、貸出金残高は前期末比1,123億円増加して1兆7,424億円となりました。
このページトップへ