財務ハイライト

損益状況・預金・預り資産・貸出金

旧徳島銀行

損益状況

  • コア業務純益・経常利益・当期純利益

コア業務純益・経常利益・当期純利益

  • 銀行本業の収益を示すコア業務純益は、貸出金利息、有価証券利息配当金及び国債等債券売却益が増加したこと等により、前期比1,148百万円増加して8,075百万円となりました。
  • 経常利益は株式関係損益が減少したこと等により、前期比74百万円減少して7,981百万円となりました。
  • 当期純利益は、前期比233百万円増加して5,610百万円となりました。

預金

  • 預金残高と個人預金残高

預金残高と個人預金残高

個人預金、法人預金ともに順調に増加したことにより、預金残高は前期末比314億円増加して1兆4,930億円となりました。

預り資産

  • 公共債・投資信託・生命保険残高

公共債・投資信託・生命保険残高

公共債は増加しましたが、投資信託、生命保険が減少したことから、預り資産残高は前期末比136億円減少して1,067億円となりました。

貸出金

  • 貸出金残高と中小企業等貸出金残高

貸出金残高と中小企業等貸出金残高

積極的な営業活動により中小企業及び個人向け貸出等の取組みを進めたこと等により、貸出金残高は、前期末比691億円増加して1兆1,341億円となりました。

旧大正銀行

損益状況

  • コア業務純益・経常利益・当期純利益

コア業務純益・経常利益・当期純利益

  • 銀行本業の収益を示すコア業務純益は、経費の減少等により、前期比174百万円増加して1,703百万円となりました。
  • 経常利益は、与信関連費用の減少等により、前期比434百万円増加して1,527百万円となりました。
  • 当期純利益は、令和2年1月の㈱徳島銀行との合併に伴い使用中止が見込まれるソフトウェア資産の減損損失及び、基幹系システムを統合することに伴い見込まれるアウトソーシングサービス契約等の中途解約に係る損失見込額についてシステム解約損失引当金を特別損失として計上したこと等により、前期比763百万円減少して△108百万円となりました。

預金

  • 預金残高と個人預金残高

預金残高と個人預金残高

個人預金、法人預金ともに順調に増加したことにより、預金残高は前期末比408億円増加して4,866億円となりました。

預り資産

  • 公共債・投資信託・生命保険残高

公共債・投資信託・生命保険残高

投資信託、生命保険、公共債ともに残高が減少したことから、預り資産残高は前期末比47億円減少して162億円となりました。

貸出金

  • 貸出金残高と中小企業等貸出金残高

貸出金残高と中小企業等貸出金残高

積極的な営業活動により中小企業及び個人向け貸出等の取組みを進めたこと等により、貸出金残高は、前期末比150億円増加して4,142億円となりました。
このページトップへ