つきあえば とくぎん 徳島銀行

金融機関コード:0572

ビジネスNet

「電子証明書によるログオン」のご利用について

 

1.電子証明書について

  • ビジネスNetでは、「電子証明書と暗証番号によるログオン」方法を導入しています。
    ログオン方法は、「IDと暗証番号によるログオン」または「電子証明書と暗証番号によるログオン(以下「電子証明書によるログオン」といいます)」のいずれかを選択いただけますが、よりセキュリティの高い「電子証明書によるログオン」をご利用ください。
  • 「IDと暗証番号によるログオン」方法でビジネスNetをご利用中のお客さまも「電子証明書によるログオン」に変更できます。
  • 電子証明書のご利用開始手続は、お客さま(契約法人及び利用者)がご使用のパソコン(ビジネスNet画面)で手続いただけます。
  • 電子証明書ご利用開始後は、電子証明書をインストールしたパソコン以外では、ビジネスNetにログオンできません。セキュリティの向上、第三者による「なりすまし」等の防止に有効です。
  • ビジネスNetは「シマンテック・ウェブサイトセキュリティ社(旧日本ベリサイン社)」の電子証明書を使用いたします。

〔電子証明書とは〕

  • 「ID・暗証番号によるログオン」は、ビジネスNetへの接続パソコンを限定できないため、万一、フィッシング詐欺等によりID・暗証番号等を不正取得された場合、第三者のパソコンから契約者本人になりすまして、ビジネスNetを不正利用される可能性があります。
  • 電子証明書は電子的な身分証明書です。電子証明書には本人を証明する情報が記録されており、インターネットバンキングでは銀行と利用者それぞれが電子証明書を持っています。銀行は利用者の電子証明書を確認し、利用者は銀行の電子証明書(サーバー証明書)を確認するしくみです。電子証明書は偽造が難しくセキュリティ面の強化が図れます。
※契約法人の管理者・利用者それぞれのパソコンに電子証明書をインストールしますので、利用できるパソコンは特定されます。したがって、他のパソコンからはビジネスNetにログオンできなくなります。

2.電子証明書のご利用開始にあたって

はじめて電子証明書をご利用いただく際は、以下の「ご注意事項・電子証明書のご利用環境・電子証明書のご利用開始」等を確認のうえ、ご利用ください。

■ご注意事項
  • 電子証明書は、ビジネスNetにログオンできるパソコンを特定する方法です。
  • 電子証明書ご利用開始後は、ID・暗証番号によるログオンはできなくなります。
  • 電子証明書のご利用は、契約法人と利用者のそれぞれが任意に選択できますが、不正利用による被害防止のため、契約法人・利用者ともに電子証明書によるログオン方法に切り替えることをおすすめします。
  • 電子証明書をご利用いただく管理者・利用者のパソコン環境については、こちらをご確認ください。
    パソコン環境やパソコンの設定状況によっては電子証明書をご利用いただけない場合がございます。
  • 1台のパソコンを複数のユーザー名で利用できるようにしている場合、電子証明書を取得したユーザー名とビジネスNetを利用するときのユーザー名が違うとログオンできませんのでご注意ください。
    また、1台のパソコンで複数の利用者が電子証明書を利用する場合、最初にログオンした利用者の電子証明書はインターネットを終了するまで記憶しているので、別の利用者がログオンする場合は一度インターネットを終了してから、次の利用者で再度インターネットに接続してご利用ください。
  • 電子証明書には有効期間(1年)があり、有効期限の30日前以降、ログオンした時に「徳島銀行からのご連絡(電子証明書の更新)」画面を表示します。また、有効期限の30日前と10日前に「有効期限更新」のご案内をEメールでお知らせいたします。Eメールアドレスを未登録の場合は必ず登録してください。
  • 電子証明書の取得操作を誤った場合や有効期限までに更新操作をしなかった場合、電子証明書は利用できなくなります。この場合、再発行(初期化)の手続が必要になりますので、操作手順を十分確認のうえご利用ください。

◎電子証明書利用についての手数料・費用等は不要です。

3.「電子証明書ご利用開始」の手順

■ビジネスNet新規ご契約のお客さま

ビジネスNetの新規申込み後、はじめてビジネスNetをご利用になる場合は、「開通のてびき」記載の「ご利用開始手続き」を行った後、電子証明書のご利用開始手続をしてください。

■現在、ビジネスNetをご利用いただいているお客さま

現在、ビジネスNetをご利用中のお客さまで「ID・暗証番号によるログオン」方法を「電子証明によるログオン」方法に変更する場合は、下記「電子証明書ご利用開始の手順」で変更してください。

※ご不明な場合は事前にとくぎんEBセンターまでお問い合わせください。

◎電子証明書ご利用開始までの流れ(概要)

  契約法人(管理者) 利用者
手順1.
パソコン環境の確認
事前に[ご利用環境]を確認してください。 事前に[ご利用環境]を確認してください。
手順2.
電子証明書発行
契約法人の電子証明書は銀行で発行済です。電子証明書取得から開始してください。 利用者の電子証明書は管理者の方が利用者毎に電子証明書の発行手続をしてください。
手順3.
電子証明書取得
管理者のパソコンで電子証明書取得操作をしてください。 利用者のパソコンで電子証明書取得操作をしてください。
手順4.
ログオン
「契約法人電子証明書によるログオン」ボタンでログオンできます。 「利用者電子証明書によるログオン」ボタンでログオンできます。
※パソコン操作方法の詳しいご説明は、つぎの手順をご覧ください。
  • 契約法人の「電子証明書ご利用開始」手順はこちらpdf(PDF:1,185KB)

4.電子証明書の有効期間、期限更新

有効期間/
期限更新
「電子証明書」は取得日から1年間の有効期間があります。有効期限到来時は更新操作を行ってください。
  1. 有効期限の30日前からログオン時に「電子証明書更新のお知らせ」画面が表示されますので、画面上の「更新」ボタンをクリックし、「電子証明書更新」を実行してください。
    (注)「電子証明書更新中」の画面上に「Web アクセスの確認」のメッセージが連続して表示されますが操作上の問題はありません。すべて「はい」をクリックしてください。
  2. 「電子証明書更新完了」の画面が表示されたら更新操作終了です。
    (注)有効期間の更新操作をしなかった場合はログオンできなくなり、電子証明書再発行(初期化)の手続が必要になります。

5.電子証明書の再発行

電子証明書の取得操作を誤った場合や有効期限までに更新操作をしなかった場合は、ビジネスNetにログオンできなくなります。電子証明書の再発行(初期化)手続をしてください。また、パソコンを入れ替える場合も電子証明書の再発行(初期化)手続をお願いいたします。

(1)契約法人電子証明書の再発行
契約法人電子証明書の再発行は、お手数ですが「ビジネスNet電子証明書の再発行(解約)依頼書」を取引店にご提出ください。
当行(とくぎんEBセンター)で電子証明書の再発行手続を行った後、「手続完了のご案内」を郵送いたします。管理者用パソコンで「契約法人電子証明書取得」操作を実行してください。
※パソコン操作手順は、契約法人の「電子証明書ご利用開始」手順と同じです。
※「ビジネスNet電子証明書の再発行(解約)依頼書」は、ビジネスNetトップページから印刷できます。
(2)利用者電子証明書の再発行
  1. 管理者の方は、「契約法人ログオン」し、「契約法人管理情報変更」→「利用者情報登録/変更」画面で、利用者ごとに「利用者電子証明書再発行」操作を実行してください。
  2. 1.の「利用者電子証明書再発行」操作完了後、利用者用パソコンで「電子証明書取得」操作を実行してください。
    ※パソコン操作手順は、利用者「電子証明書ご利用開始」の手順と同じです。

6.その他ご注意事項

パソコンを譲渡・破棄する場合は、ブラウザから電子証明書を削除してください。
電子証明書の削除方法はこちらpdf(PDF:65KB)をご覧ください。

7.電子証明書に関する機能概要

機能 銀行 管理者
パソコン
利用者
パソコン
内容等
1.電子証明書取得  
管理者
  契約法人の電子証明書取得は、契約法人ログオン画面「電子証明書ご利用のお客さま」の「契約法人電子証明書取得」ボタンで操作してください。(契約法人「電子証明書によるログオン」が可能となります。)
   
利用者
管理者の方は、契約法人ステータス表示画面の「利用者情報登録/選択」で「利用者の電子証明書発行」操作を行ってください。その後、利用者パソコンで「利用者電子証明書取得」操作を実行してください。(利用者「電子証明書によるログオン」が可能となります。)
2.電子証明書発行     利用者の電子証明書発行は、最初に、管理者の方が契約法人ステータス表示画面の「利用者情報登録/選択」で利用者の「電子証明書発行」操作を行ってください。
(利用者は電子証明書が取得可能な状態になります。)
3.電子証明書認証     電子証明書取得後は、管理者「電子証明書によるログオン」ボタンからログオンしてください。
電子証明書と暗証番号で認証します。
    電子証明書取得後は、利用者「電子証明書によるログオン」ボタンからログオンしてください。
電子証明書と暗証番号で認証します。
4.電子証明書更新     契約法人の電子証明書を期限更新します。(有効期間は1年間)有効期限の30日前から更新可能です。
(新しい電子証明書を取得し継続利用できます。)
    利用者の電子証明書を期限更新します。(有効期間は1年間)有効期限の30日前から更新可能です。
(新しい電子証明書を取得し継続利用できます。)
5.電子証明書再発行
(初期化)
    ビジネスNet画面では契約法人電子証明書の再発行(初期化)はできません。お手数ですが「ビジネスNet電子証明書再発行(解約)依頼書」をお取引店にご提出ください。
当行(とくぎんEBセンター)で電子証明書再発行手続完了後、「契約法人電子証明書取得」操作を実行してください。
    利用者電子証明書の再発行(初期化)は、管理者の方がビジネスNetの「契約法人ステータス表示」画面の「利用者情報登録/変更」画面で行います。電子証明書再発行後、利用者パソコンで利用者の電子証明書取得操作を実行してください。
6.電子証明書失効     利用者の電子証明書を無効にする機能です。
(ID・暗証番号によるログオンに変更されます。)
利用者電子証明書の失効は契約法人「利用者情報登録/変更」画面で行います。
7.電子証明書
サービス解約
    電子証明書利用を中止する場合は「ビジネスNet電子証明書再発行(解約)依頼書」をお取引店にご提出ください。
(契約法人・利用者ともに電子証明書は無効になり、ID・暗証番号によるログオンに変更されます。)
8.電子証明書更新のお知らせ   有効期限の30日前から、ログオンした時に「徳島銀行からのご連絡(電子証明書の更新)」を画面表示します。
別途、30日前・10日前にEメールでの案内も行います。

以上

ビジネスNetに関するお問い合わせは、とくぎんの窓口または「とくぎんEBセンター」まで

  • とくぎんEBセンター
     フリーダイヤル:0120-27-3345
     受付時間(銀行営業日)9:00~17:00
        銀行休業日(土・日・祝日)のお問い合わせは翌営業日にお願いいたします。

お申込み・お問い合わせ先

  • お電話でのお問い合わせ
  • とくぎんお客様相談室

※とくぎんお客さま相談室 受付時間:平日9:00〜17:00 ※銀行休業日を除きます。

このページトップへ

Copyright © THE TOKUSHIMA BANK,Ltd. All Right Reserved.